BLOG

美容の事、健康の事、
自然との関わり方などを書いております。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 美容・健康のこと
  4. 腰が痛くて目もピクピクするんです。

腰が痛くて目もピクピクするんです。

こんにちは、小樽エステスクール【ベーシックサポート小樽校】宮腰です。

 

先日、とある勉強会に参加してきました。

 

主に個人で活躍されているクリエイターさん達の集まり。私が普段、関わることがあまりない職種の方ばかりでしたが、物事を見る視点がとても面白くて勉強になりました。

 

それに最近は交流会やイベントを主催する側にまわることが多いので、一参加者として参加するのは久しぶり。

はじめましての方ばかりで良い刺激を頂きましたよ♪

 

 

さて、本題に入りますが…

 

ここで名刺交換をさせて頂いた女性の一人が、私の名刺を見て「経絡のエステされてるんですね。とても興味あります」と言って下さいまして。(実は経絡という字を読めない方も沢山いらっしゃるのです。まだまだ浸透していない証拠ですね…)

 

続けて、「最近 腰のあたりが痛いんです。目もピクピクするし何だろうと思って」と言うのです。

 

聞くと右腰の上部が痛いそうです。お身体を触らせて頂くと確かにパンパン。太ももの側面もガチガチです。

 

これは、東洋医学的には肝の働きが少し疲れている状態です。

 

「でも私、お酒は飲まないんです」とその方は言っていましたが、東洋医学での肝と西洋医学の肝臓が悪いというのは意味合いが違います。

 

東洋医学では、イライラや怒りの感情などストレスが続いた場合も肝の働きに影響が出ると考えます。

 

そして、肝の状態は目や筋肉との繋がりが深いので「目がピクピクする」「足がつる」のは肝からのサインになります。身体の側面が張るのも特徴ですよ。

 

こんな方は、まずストレスを溜め込まないで上手く発散すること、夜の11時には寝ること、添加物や脂っこい物は口にしないこと、そして春野菜を積極的に摂るといいですよ。

 

特に今の時期は肝臓に影響が出やすい季節です。

 

まぶたの痙攣や右腰の痛み・重だるさ、右わき腹の膨満感、右肩のコリ、こめかみの痛み、脚がつるなどの不快な症状がある方は、肝臓からのサインなのでしっかり養生して下さいね☆

 

 

◇ベーシックサポート小樽校の美容理論講座では、東洋医学の基礎と経絡と美容の関係性が学べます。

ご興味ある方はこちらの詳細をご覧ください⇒ 経絡美容理論講座

 

 

 

関連記事