BLOG

美容の事、健康の事、
自然との関わり方などを書いております。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 経絡美容理論
  4. ほうれい線が出やすい方はこの経絡が関係しています

ほうれい線が出やすい方はこの経絡が関係しています

 

今日はお客様のお顔の悩みの中でも1位2位を争う?「ほうれい線」のことについて。

 

こんにちは。小樽エステスクール【ベーシックサポート小樽校】宮腰です。

 

あの嫌~なほうれい線。

 

これがあるだけで一気に老けて見えてしまいますよね。

 

この悩みでご来店されるお客様も多いと思います。

 

「ほうれい線」の原因はお顔のたるみと同ですが、経絡美容理論では「大腸経」という経絡の滞りと考えます。

 

五行のタイプでいうと「金タイプ」の方。

 

芸能人で例えると、典型的な「金タイプ」は鈴木京香さんです。

 

鈴木京香さんは凛としていてとても美しいですが、もし太ったらと想像すると…

 

肩は分厚く腕は太くなり、上半身にボリューム出て、頬は下がり、お顔のほうれい線が出てしまいます。

 

なんとなく想像できますか?

 

経絡美容理論では、どこの経絡に滞りが出やすいかでお顔や体型の特徴が違ってくるのですが、

 

「ほうれい線」が出やすい方は、人差指から始まって腕~肩を通り、小鼻の脇で止まる「大腸経」という経絡が滞りやすいのです。

 

 

大腸経は足には繋がっていないので、このタイプの方は上半身が太りやすくても足が綺麗な方が多いんですね。

 

ただし、肩が内側に入る「巻き肩」の状態が酷い方が多いので、肩を開くように改善することが必要です。

 

この経絡を流してあげるには、人差指の爪のきわから手の甲→腕→肩に向かってマッサージしてあげること

 

また、肩を開くように腕を外側にねじるのもいいですね。

 

どうしてほうれい線なのに腕の経絡が関係しているか、不思議に思った方もいると思いますが、そこが経絡美容の面白いところ。

 

経絡を知ると、体って本当に繋がっているんだな~というのが実感できます。

 

サロンのお手入れでほうれい線の結果が出ない方は、お客様の腕と肩の歪みを見てあげてくださいね。

 

☆経絡美容の理論を知りカウンセリングに生かしたい方はこちらをどうぞ☆

 

☆リフトアップに特化したフェイシャル技術を学びたい方はこちらをどうぞ☆

 

 

関連記事